乳酸菌大辞典

腸内細菌について

腸内細菌について

私たちの腸の中では、無数の腸内細菌が生きています。

 

その腸内細菌の数は、100兆個とも言われ、
種類は数百種類にもなります。

 

この腸内細菌の集団を「腸内細菌叢」と言っています。

 

そして、腸内環境の良し悪しは、
腸内細菌、つまり、その人の腸にどのような腸内細菌が
住み着いているかによって決まってきます。

善玉菌

腸内細胞の中でも、人に有益な働きをするものを
「善玉菌」といいます。

 

この善玉菌の主となっているものが「乳酸菌」で、
乳酸菌は、腸の働きを調え、便秘や下痢を改善し、
炭水化物を発酵させて乳酸や酢酸を作り出し、
ビタミンB群など、身体に役立つ物質を作り出しています。

 

腸の中に善玉菌が増えれば、悪玉菌の数は減るので、
腸内環境が良くなります。

 

腸の状態がよければ免疫バランスも整い、
アレルギーの症状が抑えられたり、
細菌やウイルス、ガンなどに対しても免疫力が働きます。

 

ですから、善玉菌を増やすことが出来るような乳酸菌を摂取し、
善玉菌を増やしていくことが大切なのです。

悪玉菌

おなかの中は、善玉菌が多い状態であることが理想的なのですが、
腸内細菌の中でも悪玉菌が多くなっていると、
様々な悪影響が出てきます。

 

悪玉菌の筆頭は、ウェルシュ菌というもので、
この悪玉菌は、タンパク質を腐敗し、ニトロソアミンや二次胆汁酸などの
発ガン物質や毒性物質を作り出します。

 

つまり、善玉菌は、腸の中で「発酵」を起こすのですが、
悪玉菌は、腸の中で「腐敗」を引き起こすのです。

 

悪玉菌が多くなってしまっている腸の中は、
臭い有害ガスがいっぱいにたまってしまい、
放っておくと病気の元になります。

 

おならや便のニオイが臭いときは要注意です。

 

臭いということは、悪玉菌により、
腸の中に老廃物がたまり、それが腐敗しているといえるのです。

 

さらに腐敗が進めば口臭や体臭の原因になります。

腸内環境のチェックをしよう

ではここで、腸内環境のチェックをしてみましょう。

 

とはいっても、自分の腸の中を自分でのぞいてみることはできません。

 

まず、以下の「腸内環境チェック」をしてみてください。

 

 <腸内環境チェック>

 

  ・ 毎日お通じの調子が良くない。
  ・ 外食が多い。
  ・ アレルギー体質。
  ・ 食事時間が不規則。
  ・ 食事は肉が多い。
  ・ 野菜や果物はあまり食べない。
  ・ 牛乳や乳製品は苦手。
  ・ おならの回数が多く、ニオイも臭い。
  ・ 口臭や体臭がある。
  ・ 風邪を引きやすい。
  ・ 肌荒れや吹き出物が多い。
  ・ 運動不足である。
  ・ ストレスが多い。
  ・ 夜更かしし、寝坊が多い。

 

 

5項目以上にチェックが付いた人は、
既に腸内環境が悪化している可能性があります。

 

このままの状態では、腸内環境はますます悪化し、
免疫力が低下してしまいますから注意しなければいけません。

腸の状態を改善する

腸の状態は、食べるものによって大きく変わってきます。

 

腸内環境が悪い・・・と自覚した人は、
普段の食生活を見直してみましょう。

 

腸内環境の悪化を改善するには、乳酸菌が特効薬になります。

 

乳酸菌を摂ることで、善玉菌が増え、
悪玉菌が減るので、腸内環境が整い、腸が元気になりますよ。

 


ホーム RSS購読 サイトマップ