乳酸菌大辞典

乳酸菌で潰瘍性大腸炎の症状を抑える

乳酸菌で潰瘍性大腸炎の症状を抑える

大腸の粘膜に潰瘍やただれができる「潰瘍性大腸炎」は、
20〜30歳代の若い人に発症するという特徴を持つ、
近年、急速に増えている病気です。

 

潰瘍性大腸炎は、厚生労働省から特定疾患(難病)に指定されている病気で、
治りにくく、よくなっても再発しやすい厄介な病気です。

潰瘍性大腸炎の症状

潰瘍性大腸炎の主な症状には、下痢、腹痛、血便などがあります。

 

症状が進行すると、血便ではなく下血したり、
大腸から分泌された透明の液が出るなどします。

 

排便に関する症状はとても辛く、
一日に何十回もトイレに行かなければならないこともあり、
外出もままなりません。

 

また、さらに進行すれば、腸狭窄、肝機能障害、慢性甲状腺炎、
腸管合併症などを引き起こすこともある油断できない病気です。

潰瘍性大腸炎の原因

潰瘍性大腸炎の原因は、確実なものは解明されていません。

 

しかし、近年の研究により、免疫異常が関係しているということが分かっています。

 

健康な腸は、食べ物を食べると、栄養分など、
身体に必要なものだけが腸の粘膜から吸収されます。

 

そして、有害なものや不要なものは、
腸を通過し、便となって排泄されます。

 

しかし、大腸に免疫機構の異常があると、
不要なものまで腸の粘膜から吸収されてしまい、
大腸の粘膜に炎症が起こり、潰瘍やびらんなどが出来るのです。

 

ただし、なぜ、大腸に免疫異常が起こるのかについては、
分かっていないため、治療が難しい現状です。

 

潰瘍性大腸炎は、欧米では昔からよくある病気の一つですが、
日本では、30年前くらいから急増しています。

 

このことから、大腸がんと同じように、
潰瘍性大腸炎も食生活の欧米化、特に脂肪の多い食事の摂りすぎが
原因となっているということも考えられています。

潰瘍性大腸炎の改善方法

潰瘍性大腸炎の症状を改善するため、或いは予防をするためには、
やはり腸管免疫を高め、腸壁を守る事が大切です。

 

乳酸菌を摂取する事によって、腸内環境が整い、
お通じがよくなり、腸管免疫を守ることができます。

 

乳酸菌を摂って、潰瘍性大腸炎の予防をし、
また、発症後の症状緩和に役立ててみましょう。

 

実際に、潰瘍性大腸炎の症状がある患者さんに、
乳酸菌等の善玉菌を多量に摂取してもらったところ、
症状が安定した状態を維持できるというデータも得られています。

 

潰瘍性大腸炎の予防や症状改善には、
腸内の善玉菌をいかに増やすかが、大きなポイントになります。

 

腸内の善玉菌を増やすためには、ヨーグルトを一日200g以上たべるようにし、
野菜類をなるべく多く摂るようにします。

 

そして、脂質が多い赤味の肉やジャンクフード、香辛料などの刺激物、
アルコールはなるべく控えます。

 

潰瘍性大腸炎は、慢性化することも少なくありません。

 

また、再発の可能性も高いです。

 

普段から食事内容には、気をつけなければなりません。

 

とはいっても、食事を気にしすぎてストレスを溜め込まないようにもしなければなりません。


ホーム RSS購読 サイトマップ