乳酸菌大辞典

乳酸菌で肌荒れを改善する

乳酸菌で肌荒れを改善する

肌荒れや吹き出物などの肌トラブルは、
毒素や老廃物が腸から排泄されず、
肌から排出された結果であるともいえます。

 

つまり、肌も、排出器官の一つです。

 

ですから、便秘などで腸内環境が悪化し、
悪玉菌が悪さをして便秘を起こすと、
腸の中では老廃物が腐敗し、有毒ガスが発生します。

 

こうした腐敗物や有毒ガスは、腸の粘膜に張り巡らされている毛細血管から
血液中に溶け込み、全身を駆け巡ります。

 

そして、皮膚から腐敗物や有毒ガスが排出されるのですが、
これが肌荒れや吹き出物等の肌トラブルとなって現れます。

 

便秘は、血行不良を引き起こします。

 

そして肌のハリやつやも失われがちになり、
美容を気にする女性にとってつらい状況になります。

 

そこで、腸の老廃物はしっかり排泄することが必要です。

 

腸の老廃物をしっかり排泄する=便秘を解消するためには、
乳酸菌やビフィズス菌が役立ちます。

 

乳酸菌やビフィズス菌の効果によって腸内環境が良くなると、
腸内で発生する有毒ガスが減り、腐敗物もきちんと排泄され、
肌への負担も軽くなります。

 

実際に、ビフィズス菌飲料を一日に100mlずつ4週間のみ、
腐敗物を検出してみたところ、
腐敗物の値は、血中では50%以上、尿中でも45%ほど
減少するという結果が得られています。

 

結果として、皮膚にも良い影響を及ぼすのは明らかです。

 

また、ビフィズス菌には、
肌の保湿力を高める作用もあります。

 

健康な女性が秋から冬にかけての肌が乾燥する時期に、
ビフィズス菌飲料を継続して飲んだ場合、
飲まなかった人は肌の水分量が低下しましたが、
飲んだ人は肌の水分量を維持することができたというデータもあります。

 

ですから、美容を気にするのであれば、
日常的にビフィズス菌を積極的に摂取したほうが良いですね。

 

ビフィズス菌の摂取は、ヨーグルトがおススメです。

 

ヨーグルトには、乳酸菌やビフィズス菌が多く含まれているものがあります。

 

そのようなヨーグルトを毎日摂るようにすると、
肌の保湿を維持する効果が期待できます。

 

また、ビフィズス菌や乳酸菌をたっぷり含むヨーグルトは、
良質なタンパク質やビタミンB2、ビタミンA等の栄養素が含まれていますから、
保湿効果を期待するだけでなく、
美肌つくりに欠かすことができない食べ物なのです。

 

タンパク質とビタミンB2はダメージを受けた肌を再生し、
ビタミンAはざらついた肌をしっとりさせてくれます。

 

また、ストレスも美肌の大敵です。

 

ストレスが多いと、ホルモンバランスが崩れ、
肌のバリア機能が低下してしまったり、
新陳代謝が乱れる等して、肌の調子も悪くなります。

 

ですが、ヨーグルトの粘り成分が、
ストレスによる肌のトラブルを予防してくれます。

 

つまり、ヨーグルトを食べることで、
乾燥肌や小じわなどの肌トラブルを防ぐことが出来る効果が得られるということです。

 

ヨーグルトは、女性に嬉しい効果がたっぷりですね。

 

もちろん、女性だけでなく、男性の腸の健康にも役立ちますから、
毎日の食生活に、ヨーグルトを取り入れてみてください。


ホーム RSS購読 サイトマップ