乳酸菌大辞典

乳酸菌の免疫を高める効果

免疫とは

免疫とは、病原菌やウィルス、あるいはガンなどの病気から
身体を守る仕組みの事です。

 

この免疫機能は、多くが血液の白血球によるものです。

 

白血球のなかには、外部から攻撃してくるウイルスなどの異物をすかさず攻撃する
NK(ナチュラルキラー)細胞や、
異物をアメーバ状に包んで食べ、消化してしまうマクロファージ(大食細胞)などの
免疫細胞が存在しています。

 

このように体内に侵入してくるウイルスなどの異物をやっつけてくれる
免疫細胞が機能を果たしているからこそ、
私たちは健康に生活することができるのです。

 

特にNK(ナチュラルキラー)細胞は、免疫細胞の中でも最前線で働いてくれています。

 

NK(ナチュラルキラー)細胞は、体内を独自にパトロールし、
がん細胞やウイルス感染細胞を発見すると、
攻撃を仕掛けてやっつけてくれます。

 

このNK(ナチュラルキラー)細胞の働きの事をNK活性と呼び、
免疫力を測るバロメーターの一つとしています。

 

しかし、このような免疫細胞の素晴らしい機能は、
年齢を重ねるごとに低下してしまいます。

 

また、若い人でも、生活習慣の乱れや栄養バランスが悪い状態が続いていると、
免疫細胞は十分に働くことが出来ず衰えますし、
精神的なストレスを多く抱えているときも、免疫の機能は低下します。

ヨーグルトの乳酸菌で免疫を高める

免疫力が低下しているときは、睡眠をしっかりとって、
生活習慣を整えたり、食事も栄養のバランスに気をつけることで、
免疫を高めることが出来ます。

 

そして、ヨーグルトを食べると、さらに免疫力がUPします。

 

実際に行った乳酸菌の入ったヨーグルトを食べてもらった試験でも、
ヨーグルトを一ヶ月食べ続けたグループは、NK活性が上昇していました。

 

ヨーグルトに含まれる乳酸菌は、
私たちの免疫機能に大きく貢献していることが分かります。

 

また、マクロファージの機能もヨーグルトを食べる事により高まります。

 

免疫細胞マクロファージは、「大食細胞」とも呼ばれています。

 

このマクロファージは、血液中に異物があれば、
自身の体内に取り込んで分解してしまいます。

 

このような機能を持つマクロファージも、
ヨーグルトを食べることによって、機能が高まることが分かっています。

 

しかしヨーグルトを食べるのを止めてしまうと、
食べる前の数値に戻ってしまうので、
食べ続けなければなりません。

 

牛乳を飲んでも、牛乳のラクトフェリンという生理機能タンパク質の働きによって、
食細胞活性(マクロファージの免疫機能の指標)が高まることが分かっていますが、
その効果はヨーグルトの値には届きません。


ホーム RSS購読 サイトマップ