乳酸菌大辞典

乳酸菌の整腸作用

乳酸菌の整腸作用

「便秘には、ヨーグルトが良い!」といわれています。

 

では、なぜ、便秘にはヨーグルト通いのでしょうか?

 

通常、人の腸のなかには、排便作用に欠かすことが出来ない善玉菌が1割、
便秘の原因を引き起こす悪玉菌が1割存在しているといわれています。

 

残りの8割は、日和見菌といわれている菌で、
この日和見菌は、これだけで悪さをすることはありません。

 

ですが、善玉菌が増えれば善玉に変化し、
悪玉菌が増えると悪玉に変化するのです。

 

ですから、日和見菌を悪玉に変化させないようにするために、
乳酸菌(善玉菌)を摂る必要があるのです。

 

便秘等によって腸内環境が悪化し、
悪玉菌が増え、腸内がアルカリになると、日和見菌は
たちまち悪玉に変化し、腸内環境をさらに悪化させます。

 

アルカリ性の腸内には、腐敗物がたまりやすくなるので、
さらに便秘になりやすくなりますし、
便やおならのニオイが臭くなってきます。

 

便秘知らずの健康な腸を保つためには、
いかにして善玉菌を増やし、腸内を酸性に保つかということが
重要なポイントになってきます。

 

そこで、乳酸菌を含むヨーグルトを食べて、
善玉菌を摂取しようと言う方法がおススメです。

 

乳酸菌を摂取する事により、腸内の善玉菌の割合が増え、
腸内の悪玉菌による悪影響を抑えることができます。

 

さらに、気まぐれな日和見菌も、
増えた乳酸菌によって善玉化されるので、
腸の蠕動運動が活発になるので、お通じがよくなります。

 

最近は、男性でも便秘に悩んでいる人もいますが、
特に女性と高齢者は便秘の人が多いといわれています。

 

なぜなら、女性は男性に比べると腸が長く、排泄しにくい事、
女性や高齢者は横隔膜の力が弱く、腸の筋肉そのものが薄いということも、
便秘につながります。

 

ですから、女性や高齢者は特に、普段から乳酸菌を摂り、
便秘を改善し、腸内環境を整えておく事が必要です。

 

そのために、ヨーグルトを食べることがおススメです。

 

そして、ヨーグルトは食べ続ける事が必要です。

 

食べるのを止めてしまうと数週間で効果がなくなってしまいますから、
毎日、自分のおなかにあったヨーグルトを食べる用に心がけましょう。

 

実際に、毎日ヨーグルトを食べてもらい実験をしたところ、
排便日数、排便回数、排便量のすべての項目で数値が増え、
ヨーグルトの効果が確実に出ていることが分かりました。

 

また、ヨーグルトを食べる続ける事によって、
便の形状や色、排便後のすっきり感も改善されたという結果も出ています。


ホーム RSS購読 サイトマップ