乳酸菌大辞典

ヨーグルトの効果

ヨーグルトの栄養効果

乳酸菌を摂ると、腸内に住む良い菌「善玉菌」が増え、
腸内で悪さをする「悪玉菌」を減らすことが出来ます。

 

善玉菌が増えれば、腸内環境が良い状態になります。

 

腸内環境を整え、健康や美容への効果を期待できるように、
意識的に乳酸菌を摂っていきましょう。

 

そこで、毎日の生活に取り入れたいのが「ヨーグルト」です。

 

ヨーグルトは、手にはいりやすく、
リーズナブルで毎日続けやすいです。

 

また、乳酸菌がたくさん含まれているので、
腸内環境を整えるのにもってこいなのです。

 

さらに、ヨーグルトには、ビタミンやカルシウムなども含み、
とても栄養価が高いです。

 

ヨーグルトは、牛乳を乳酸菌によって発酵させた食品です。

 

ヨーグルトに含まれるタンパク質や糖質は、
あらかじめある程度分解された状態になっているので、
腸に負担をかけずに栄養分を吸収することが出来ます。

 

健康のためにも、栄養が偏ってしまいがちなダイエット中の捕助食品としても、
お肌のためにもおススメです。

ヨーグルトに含まれる栄養素

ビタミンA: ビタミンAは、皮膚や粘膜を丈夫にする効果があります。

 

ビタミンB2: ビタミンB2は、傷んだ皮膚細胞を修復する効果があります。

 

カルシウム: カルシウムは、丈夫な歯や骨を作ります。

 

カリウム: カリウムは、腸の働きを促し、便通を良くする効果があります。

 

タンパク質: タンパク質は、身体を作るのに必要な栄養素です。

 

このように、ヨーグルトには、美容と健康に欠かすことが出来ない、
ほぼ完全な栄養食品といえるだけの栄養素が含まれています。

 

しかし、ビタミンCが足りません。

 

ヨーグルトを食べる時には、フルーツを一緒に食べるようにして、
ビタミンCを補うと、より栄養バランスが整うでしょう。

ヨーグルトの食べ方

ヨーグルトは食品ですから、
薬を飲むときのように厳密に摂取方法や摂取時間を考える必要はありません。

 

しかし、より効果を得るために、以下のようにヨーグルトを食べてみてください。

 

・ヨーグルトを食べる量

 

一日100〜400gほどが目安です。

 

ただし、肥満の人や高脂血症の人は、
カロリーや脂肪の摂りすぎに注意が必要です。

 

低カロリー、低脂肪のものを選ぶようにしましょう。

 

・2週間は続ける

 

ヨーグルトは薬ではなく食品なので、
即効性はあまり期待できません。

 

また、ヨーグルトは症状を治すことを
必ず保証するものではありません。

 

ですが、副作用は殆どなく、身体にも優しい食べ物です。

 

さらに、薬は症状を治すものであり、病気をもたらした根本原因を
取り除くことは出来ませんが、
ヨーグルトは、体質を改善する効果が期待できます。

 

ですから、病気をもたらす根本原因を解消し、
病気になりにくい健康的な身体を作っていくことができます。

 

ヨーグルトを活用し、体質を改善するためには、
最低でも2週間は食べ続けてみてください。

 

自分に合うと思われるヨーグルトを選び、
2週間食べ続けてみると、その効果が期待できます。


ホーム RSS購読 サイトマップ