乳酸菌大辞典

現代人の腸内環境

現代人の腸内環境

現代人の腸内環境は、悪化の傾向にあります。

 

腸の様子を見て見ると、お母さんのおなかの中にいる赤ちゃんは、
無菌の状態になっています。

 

ですが、産道を通って生まれ、授乳が始まると、
腸内細菌がイッキに増え、生後一週間ごろになると、
腸内細菌の95%はビフィズス菌が占める様になります。

 

やがて離乳食が始まり、母乳以外のものを口にする様になった
赤ちゃんの腸内環境は、どんどん変化していきます。

 

離乳開始後から青年期にかけ、ビフィズス菌の数が減り、
代わってバクテロイデスなどの日和見菌(中間菌)の数が増えてきます。

 

ウェルシュ菌などの悪玉菌は、幼児から青年期の間は比較的少なく、
安定した状態を維持することができますが、
老年期に入ると、ビフィズス菌の数は減り、
悪玉菌や大腸菌などのウェルシュ菌や日和見菌が増えていきます。

ダイエットで悪玉菌が増える

カロリーを制限し、ダイエットしようとすると、
それが腸内環境を悪化させてしまうと言う場合もあります。

 

食べる量が少なくなれば、
便となる食物繊維の摂取量も少なくなるので、
便秘になりやすくなります。

 

また、栄養分が足りず、ダイエット中は、
腸内細菌そのものの数も少ない状態になるのです。

 

当然、ダイエットをすれば、悪玉菌の数も減ります。

 

しかし、同時に善玉菌の数も少なくなれば、
腸内環境は整えられず、状態は悪くなります。

 

ダイエット中であっても、悪玉菌が増えないように、
善玉菌が増える環境を作るためにも、
ヨーグルト等で腸内環境を整えるように心がけてください。


ホーム RSS購読 サイトマップ