乳酸菌大辞典

乳酸菌でダイエット

乳酸菌でダイエット

ダイエットで必要なのは、
「食べた分のエネルギーをきちんと消費する」ということです。

 

摂取カロリーを抑えるということも大切ですが、
抑えすぎてしまうと、必要な栄養素を摂ることができなかったり、
便をうまく作ることができず、結果、便秘を招き、様々な悪影響が出てきます。

 

食べた分のエネルギーは、きちんと消費すれば、太る事はありません。

 

ですが、普段身体を動かしていない人が、
急に運動をしようと思っても難しいですし、
運動をしたとしても長続きできないことが多いです。

 

そこで注目すべきは、「基礎代謝」です。

 

基礎代謝を高める、つまり、血行をよくして、
消費カロリーを高めたり、内臓機能をよくするなどし、
不要なものを体内に溜め込まないようにするのです。

 

すると、不要なものはきちんと排泄され、
太りにくくなることができます。

 

そして、このようにエネルギー効率の良いからだを作り、
太りにくくなるためには、腸内環境を整えるのがおススメです。

 

悪玉菌だらけになっている腸では、
腐敗物が腸にたまり、便秘や下痢の原因になります。

 

また、腐敗物が血液に溶け出せば、血行が悪くなりますから、
消化や吸収の機能も悪くなります。

 

このように、悪玉菌がたまった状態では、
腸内環境が整わず、ダイエットをしても効果が得られませんし、
健康を害してしまいます。

 

ですから、乳酸菌やビフィズス菌を摂取し、
腸内環境を整えることが必要です。

 

腸内の環境を整えることが、ダイエットの第一歩なのです。

乳酸菌でダイエット効果をUP

ヨーグルトには良質なタンパク質が含まれています。

 

また、カルシウムやミネラル等の栄養素も含まれているので、
ダイエット時の捕助食品として、とてもおススメです。

 

最近は、低糖のヨーグルトや低脂肪のヨーグルトなど、
低カロリーのヨーグルトもたくさん発売されています。

 

カロリーが気になる人は、このようなものを利用して、
ダイエットのサポートとしてみてはいかがでしょうか。

 

また、ヨーグルトに色々なトッピングをしてみましょう。

 

たとえば、ミネラルが豊富な蜂蜜は、体が疲れ気味のときなどにおススメですし、
きな粉は食物繊維が豊富ですし、大豆イソフラボンの美容効果も得られます。

 

ゴマは、ヨーグルトに含まれるカルシウムの吸収を高めてくれますし、
鉄分補給にもなります。

 

このようにヨーグルトにトッピングをすることは、
栄養バランスを高めることもできるのでとてもおススメなのです。


ホーム RSS購読 サイトマップ