乳酸菌大辞典

乳酸菌で口臭予防

乳酸菌で口臭予防

口臭の原因は、色々あります。

 

たとえば、口内の虫歯や歯周病、胃潰瘍などの病気、
ピロリ菌感染、大腸の悪玉菌が発生するガスなどが口臭の原因になっています。

 

最も多いのは、歯周病による口臭です。

 

歯周病は、ジンジバリス菌という菌などの細菌によって引き起こされますが、
口の中には、他にも500種類、60億個もの細菌が住み着いています。

 

これらの菌には、腸と同じように乳酸菌をはじめとする善玉菌と、
歯周病を引き起こすような悪玉菌があります。

 

悪玉菌が活発に活動すれば、
腸の場合と同じように、有害な物質が生み出されます。

 

ジンジバリス菌は、歯と歯茎の間に残った食べ物のカスを餌にして増え、
次第に歯肉などの組織を破壊します。

 

すると「炎症」という症状になって、現れます。

 

それが歯周病です。

 

この歯周病が進行すれば、歯と歯茎の隙間が深くなり、
そこに汚れやカスが入り込み、
ジンジパリス菌はさらに増殖し、
メタンや硫化水素などのガスを排出し、
口臭独特の腐敗臭を放つようになります。

乳酸菌で口臭を防ぐ

悪玉菌による口臭を防ぐためには、
善玉菌を増やすことが有効ですから、
善玉菌である乳酸菌を摂取することをおススメします。

 

善玉菌である乳酸菌は、ジンジバリス菌よりも早いスピードで増殖します。

 

そして、乳酸を生み出し、この乳酸がジンジバリス菌を退治してくれます。

 

実際に、口臭測定装置で、「口臭あり」と判断去れた人たちに乳酸菌を服用してもらったところ、
3分の2の人に、8週間後、口臭の消失が確認されています。

 

また、8週間後に口臭がまだ合ったという人も、
口臭の減少が認められています。

乳酸菌は虫歯予防にも効果がある

歯と歯茎の間に残ったプラーク(カス)が大好きな菌は、
ジンジバリス菌だけでなく、他にもミュータンス菌などがいます。

 

ミュータンス菌は、虫歯の原因になる菌で、
砂糖を基にして多量の乳酸をつくり、
歯の表面を溶かしてしまいます。

 

口の中の善玉菌である乳酸菌は、
ミュータンス菌を撃退します。

 

ですから、乳酸菌を摂取することで、
ミュータンス菌が歯に付着する事を防ぐことができ、
虫歯を予防することができます。

ヨーグルト歯磨き

ヨーグルトは、食べても腸や口内に効果的なのですが、
歯磨きとして使うのもおススメです。

 

ヨーグルトに含まれる良質のタンパク質、カルシウム、ビタミンB1が、
口内を清潔に保つサポートをしてくれます。

 

・ヨーグルト歯磨きの仕方

 

 (1) 普通に歯磨きをする。
 (2) スプーン1杯の無糖ヨーグルトを口に含んで歯ブラシでブラッシングする。
 (3) まんべんなくヨーグルトをいきわたらせたら、水ですすがず、飲み込む。

 

可能であれば、ヨーグルト歯磨きは、朝・晩行いましょう。

 

朝は、何も食べない・・・と言う人も、ヨーグルトだけでも食べると良いですね。

 

朝、起きたら歯磨きをし、その後、ヨーグルトを食べるという食生活は、
何も食べないよりはとても効果アリ!です。

 

乳酸菌が口臭を予防し、腸の調子も整えてくれますよ。


ホーム RSS購読 サイトマップ