乳酸菌大辞典

乳酸菌で大腸がん予防

乳酸菌で大腸がん予防

日本人女性のガンによる死因の中でも、
2003年以降、トップを占めているのが大腸がんです。

 

男性でも、肺がん、胃がんに次いで、
大腸がんは3位です。

 

このように、大腸がんで亡くなる人は年々増えています。

 

大腸がんが増えている原因はいろいろ考えられていますが、
やはり、食事内容が欧米化したことによる
脂肪の摂りすぎ、食物繊維の不足といった食生活が主なものだと考えられます。

 

また、ダイエット等による便秘も、大腸がんの原因になります。

 

腸内環境が悪くなり、悪玉菌がはびこると、
大腸がんの原因となるウェルシュ菌という菌が増え、
腸で肉などのタンパク質を分解し、ニトロソアミンという発ガン物質が作られます。

 

これが大腸がんを引き起こす原因になります。

 

さらに、大腸の悪玉菌は、脂肪を分解するために肝臓で作られる胆汁酸を酸化し、
二次胆汁酸という物質に変化させます。

 

この二次胆汁酸も、大腸がんを促進する原因になります。

 

ですから、大腸がんを予防するためには、腸内の悪玉菌を
いかに減らすかが重要なポイントになります。

 

大腸がんを予防するためには、肉類を控えめにし、
新鮮な野菜や果物を多く摂ることが大切です。

 

そして、乳酸菌も活躍します。

 

乳酸菌は、ヨーグルトや漬物等の発酵食品を摂る事で摂取できます。

 

腸の悪玉菌が喜ぶような食事は控え、
善玉菌が喜ぶような食事を心がけるようにしましょう。

 

大腸にビフィズス菌などの善玉菌が増えると、
悪玉菌が減り、大腸がんの原因となるニトロソアミンや二次胆汁酸が減ります。

 

腸内環境が悪い人は、それだけで大腸がんのリスクも高まります。

 

ですから、意識的に乳酸菌を摂るようにしましょう。

大腸内視鏡検査を受けよう

大腸がんになる人は、たくさんいます。

 

そして、大腸がんになった人の半数くらいが、
大腸がんが原因で亡くなります。

 

ですが、大腸がんは、早期に発見し、切除や外科療法を受けることで、
ほぼ完全に治すことができます。

 

しかし、発見が遅れると、体のあちこちに転移し、
治療も難しくなります。

 

ですから、早期に大腸がんを発見するために、
大腸内視鏡検査を受けるようにしましょう。

 

大腸内視鏡検査は、大腸がんをほぼ100%発見します。

 

早期がんやポリープの段階であれば、
その場で切除することもできます。

 

以前は、とても苦しい検査でしたが、
近年は、麻酔を使わなくても殆ど痛みを感じずに検査ができる
水浸法や無送気法という検査方法があります。

 

40歳以上の人は、2年に一度、最低でも5年に1度の
大腸内視鏡検査を受けると良いでしょう。

 

この検査を受けることで、大腸がんのリスクがグンと減ります。

 

勇気を出して、ぜひ、検査を受けてくださいね。

 

また、大腸内視鏡検査を受けることによって、
腸内環境がリセットできます。

 

内視鏡検査の直後は、腸内に悪玉菌が少ない状況になっていますから、
善玉菌を増やすチャンスです。

 

検査後、2週間くらい、ビフィズス菌を含んだヨーグルトを毎日食べて、
善玉菌を増やして行きましょう。


ホーム RSS購読 サイトマップ