乳酸菌大辞典

乳酸菌でアトピーを改善する

乳酸菌でアトピーを改善する

もともと、私たちヒトの体には、
有害な細菌や物質を排除するための免疫システムが備わっていますが、
この免疫システムが食べ物や花粉などの無害な物質にまで過剰に反応してしまい、
アレルギーを引き起こしてしまうことがあります。

 

なぜ、特定の物質に過剰に反応してしまうのかについては、
そのメカニズムがまだ解明されていません。

 

ですが、全身の免疫細胞の6割が集まり、
異物から細胞を守る役割をしている小腸の腸管免疫を高めることにより、
アレルギーの予防に効果があるということが解明されています。

 

私たちが食べ物を口にすると、
口からは、食べ物と一緒に様々な細菌や微生物が入り込んできます。

 

それらの細菌や微生物に対し、口・胃・腸などの消化管は、
殺菌酵素を含む粘液を分泌するなどして、
細菌が体内に入り込むことを防ぎます。

 

しかし、このような第一防衛を突破する細菌などがいます。

 

そのような強い細菌に対しては、小腸で待機しているマクロファージなどの
免疫部隊が出動し、細菌との戦いをします。

 

小腸には、パイエル板というリンパ節の集合体があり、
その下の腸管膜リンパ節に多くのリンパ球やマクロファージが待機しているのです。

 

つまり、小腸のパイエル板は、
免疫の総司令部の役割を果たす器官なのです。

アレルギーが起きるメカニズム

細菌やウイルスが第一防御を突破すると、
体内をパトロールしているマクロファージなどの免疫部隊に発見されます。

 

すると、マクロファージなどの免疫部隊は、発見したものを異物と認識し、
ヘルパーT細胞という情報司令官である細胞にその情報を伝えます。

 

情報を受け取ったヘルパーT細胞は、
任務に最適な免疫細胞や抗体をみつくろい、攻撃を命じます。

 

ヘルパーT細胞は、Th1細胞とTh2細胞の2種類があります。

 

そして、Th1はマクロファージなどの細胞性免疫を担当していて、
Th2は抗体を中心とした免疫を担当しているのですが、
Th2が働きすぎて、抗体が多くなってしまうと、
免疫が過剰に反応します。

 

この過剰な反応がアレルギーです。

 

腸は、悪玉菌が多くなってくると、
Th1よりもTh2が優位に働きます。

 

ですから、腸に悪玉菌が多い状態だと、
アレルギー体質に陥りやすく、アレルギー症状としてかゆみや皮膚炎、
発熱、だるさ、アトピー性皮膚炎の症状をおこしやすくなります。

 

このような場合は、腸管免疫を高め、バリア機能を正常に戻すことが必要です。

 

バリア機能を正常にするため、腸管免疫を高めるには、
ヨーグルトのような乳酸菌を含む食材がおススメです。

 

乳酸菌は、アレルギーの予防や改善に、有効なのです。

乳酸菌でアトピーを予防

両親がアレルギー体質の場合、
子どもにも遺伝するケースが統計上多いです。

 

ですが、乳酸菌にはアトピーの発症率を抑える効果があります。

 

実際に、アトピー症状を持つ妊産婦が乳酸菌を摂取し、
生まれた子どもにも一定期間乳酸菌を与えたところ、
アトピーの発症率が低くなったというデータもあります。

 

さらに、アトピー症状を持つ子どもにも、
乳酸菌の摂取は症状の改善に効果があることが分かっています。

 

アトピーは、アレルギーの中でも短期間ではなかなか改善されないものとして知られています。

 

ですが、乳酸菌を継続的に摂る事によって
免疫バランスが整い、かゆみなどの改善につながる効果を期待することができます。

 


ホーム RSS購読 サイトマップ