乳酸菌大辞典

乳酸菌でコレステロール値を下げる

乳酸菌でコレステロール値を下げる

日本人の3人に1人が、脳卒中や心臓病で亡くなっているといわれています。

 

この脳卒中や心臓病を引き起こす危険因子には、
「高コレステロール」、「高血圧」、「高血糖」の3つがあります。

 

これら危険因子の一つである高コレステロールになると、
動脈硬化が進行します。

 

コレステロールは、私たちヒトの身体を形成する細胞膜や肝臓で作られる胆汁酸、
副腎で作られるステロイドホルモンの構成成分でもあります。

 

つまり、コレステロールは、
私たちの身体にとってはなくてはならないものなのです。

 

ですが、血液中に悪玉コレステロールが増えてしまうと、
血管の壁にコレステロールが蓄積されてしまい、
動脈硬化が進行してしまうのです。

 

血液中のコレステロールや中性脂肪が多すぎると、
脂質異常症(高脂血症)になります。

 

脂質異常症(高脂血症)も、高血糖や高血圧と同じように、
自分では感じる症状がなく、検査をするまで発見されずに、
放置してしまっている人が多いです。

 

脂質異常症(高脂血症)の原因は生活習慣で、
過食や高脂肪食など、食事に関するものがもっとも大きな影響を与えています。

 

健康な人であれば、ある程度コレステロールを摂りすぎても、
必要以上に吸収されないので、大丈夫です。

 

コレステロールは、本来、身体にとっても無くてはならないものです。

 

そして、体内でもコレステロールは合成されています。

 

コレステロールは、摂取が一定量を超えると、
体内での合成量が減ったり、肝臓に蓄えられ、
血中コレステロールの値は、常に一定に保たれます。

 

しかし、高コレステロールになると、このシステムに乱れが生じ、
コレステロールを蓄積しやすい身体になってしまうため、
食事から摂るコレステロールを減らさなければなりません。

 

このときに、乳酸菌が役立ちます。

 

乳酸菌には、コレステロールの濃度の上昇を抑制する作用、
コレステロールを下げる働きがあります。

 

食べ物から摂取されたコレステロールや、
胆嚢から腸管に分泌されたコレステロールは、
腸壁を通じ、血液に吸収されて体内を巡ります。

 

そして、再び胆嚢から分泌されます。

 

この流れの中で、一部のコレステロールは、
腸管の中で乳酸菌体に吸着され、体外に排泄されます。

 

これは、乳酸菌が血中コレステロール濃度の調整に作用しているためです。

 

乳酸菌体のコレステロール吸着に関する働きは、
生きた乳酸菌でも加熱処理して死んでしまった乳酸菌でも、
同じ効果があることが分かっています。

 

また、腸内コレステロールの半分を、
腸で吸収されにくいコプロスタノールという物質に
分解する働きを担っているのはビフィズス菌です。

 

このビフィズス菌によっても、コレステロールの吸収が阻害されます。

 

ですから、高コレステロールの人は、
ビフィズス菌が入ったヨーグルトを食べる習慣をつけると
健康維持に役立ちます。

 

自覚症状が全くないとしても、
食生活を見直し、乳酸菌やビフィズス菌を摂取し、
体調を管理するということは、とても有意義なことです。


ホーム RSS購読 サイトマップ