乳酸菌大辞典

乳酸菌で花粉症の予防

乳酸菌で花粉症の予防

近年、花粉症で悩む人が多くなっています。

 

アレルギー症状の中でも、最も身近な季節性アレルギー性鼻炎、
通称「花粉症」は、スギや稲などの花粉によって起こります。

 

花粉症は、一度かかってしまうと、毎年悩まされる事になります。

 

また、誰でもかかる可能性があるため、
まだ花粉症にかかっていない人も、いつかかっても不思議ではありません。

 

しかし、このような状況を打開するための体質改善策として
「乳酸菌を摂る事」が有効であるといわれています。

 

乳酸菌は、花粉症の症状を抑制するIgA抗体を増やし、
花粉症症状を起こすIgE抗体を減らすという働きをしてくれます。

IgA抗体を増やす乳酸菌

腸から粘液に分泌されるIgA抗体が少ないと、
アレルギーを起こしやすい傾向にあるといわれています。

 

IgA抗体とは、花粉やタンパク質などのアレルゲンが
体内に吸収されるのを抑える働きをしています。

 

たとえば、花粉症の場合、花粉が鼻に入り込むと、
まず、花粉は鼻の粘膜で捉えられますが、
IgA抗体が花粉をきちんとキャッチし、体外へ運び去れば、
花粉症の症状を起こす事はありません。

 

このようなバリア機能を果たすIgA抗体は、
多ければ多いほどアレルギーを起こしにくい体質になることができるといえます。

 

そして、乳酸菌が、このIgA抗体を増やすサポートをしてくれます。

 

実際にヨーグルトを食べ続けることで、
アレルギー性鼻炎の症状が緩和できたという人のデータもあります。

 

IgA抗体は、アレルゲンに限った事ではなく
ウィルスや細菌に対しても働きます。

 

ですから、インフルエンザなどの感染防御作用も高まります。

IgE抗体が花粉症を引き起こす

アレルギー症状の原因となるものに、
IgE抗体というものがあります。

 

このIgE抗体は、私たちのもつ抗体の中の一つです。

 

私たちの体は、異物などが体内に入ると、
ヘルパーT細胞が、「異物をやっつけろ」という指令を出します。

 

これが正常に作動すれば何の問題も無いのですが、
ヘルパーT細胞が花粉を敵だと認識してしまうと、
Th2が抗体をつくるB細胞に働きかけ、IgE抗体を作ってしまいます。

 

すると、IgE抗体が異物(この場合は花粉)と結びつくと、
肥満細胞という細胞からヒスタミン等の化学物質が分泌され、
それがアレルギー症状となって、かゆみ、鼻水などが起こります。

 

ですから、免疫の誤作動をガードする必要があります。

 

花粉が侵入する度に、アレルギー症状を引き起こすIgE抗体が
せっせと作られてしまったのでは、とても大変な事になります。

 

そこで、乳酸菌です。

 

乳酸菌には、ヘルパーT細胞のTh1とTh2のバランスを整え、
IgE抗体を増やさないようにする働きもあります。

 

ヨーグルト等から乳酸菌を摂取し、
IgE抗体が少なくなり、肥満細胞からのヒスタミンの量が減少すれば、
既に花粉症にかかっている人でも症状を緩和することができるでしょう。

 

乳酸菌を摂ることは、腸内環境が整い美容にも効果が得られますし、
さらに花粉症やアトピーの予防、症状改善にも効果が期待できるのです。

 


ホーム RSS購読 サイトマップ